百聞は一見に如かず

こんにちは。

小笠原真弓です。

 

私は講座を開催すると報告という意味で
お客さまと写真を撮り、許可をいただいたら
ホームページやFacebook等に掲載することが多いです。

 

記事を読む時に
文章だけ読んでもイメージしづらい部分もラストや写真があると
一気に理解が進みます。

 

 

先日いらしてくださったお客さまは
私の講座の開催報告の写真を見て

 

お客さまの表情がキラキラしていらっしゃった

自分もそうなれたら良いな!

 

と思われたそうで、
特急を乗り継いでいらっしゃってくださいました!

 

私のことを知ってまだ日数もたっておらず
ブログも少しだけ、メルマガも登録されていませんでしたので
私のカウンセリングや講座の内容もほとんどご存じない状態でしたが

その時の写真が行動を起こすきっかけになったようでした。

 

こういうことってあるんですね!

 

たしかに、どんなに説明されても
イメージが出来ずにピンとこないことも

写真を見るだけで心が動かされることってありますよね。

 

写真に限らずイラストやマーク、ロゴの持つエネルギーって
大きい♪

そう感じたエピソードでした。

 

どんなに一生懸命、講座やカウンセリングの良さや方法、内容を書いたとしても
伝わらないのはイメージ出来ないからなのかもしれません。

 

 

こうしたお客さまの声を伺うと
自分の顔なんて誰も興味がないだろうから写真は載せなくても良いか…

という自意識過剰な自分は置いておき(笑)
伝える手段としいて写真を載せていきたいなと改めて思いました。

 

だって、お客さまがお客さまを見て「ああいう風になりたい!」と思って行動のきっかけになるなんて
とても素敵だなと思うのです^^

 

大事なことは、無理に伝えなくても
自然と伝わっているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です