カウンセリンで行う思いぐせへのアプローチ

あなたの思いぐせが人生を作る

幼少期の自分が作る思いぐせ

人生を左右する思いぐせはこうして作られた!

続きです。

 

 

こうして、幼少期に作られた【思いぐせ】が

人生のキーワードとなって心に設定され

それに応じた出来事が起きたり選択をしていきます。

 

 

ですので、嫌な出来事が起きて「人生を変えたい!」と思ったり

その内容がいつも同じパターンと感じる時は

 

その出来事を創りだしている

【思いぐせ】を変える時

 

なのですよ口笛

 

 

カウンセリングでは、その思いぐせを変えるお手伝いをします。

 

①お悩みの内容を伺い

②その内容から思いぐせの傾向を分析し

③思いぐせが作られた幼少期の出来事に誘導(再体験する)

④思いぐせを抱えて傷ついている子どもの自分を癒し

その子が元気になったら、いよいよ思いぐせを見つけ

⑤その一連の出来事の経緯を、大人の視点で見て

⑥子どもが抱えている【思いぐせ】の【矛盾点】を見つけてもらいます

⑦⑥で見つけた矛盾点を、大人の自分が子どもの自分に教えてあげて(イメージで)

⑧『その思いぐせは自分が勘違いしていたこと、自分が正当なやり方をしていなかっただけ』と

子どもの自分が納得したイメージができ

⑨最終的に、思いぐせが作られた出来事と同じような場面が今後も起きたら、

今度はどうしたら良いか、その方法が分かり、それを約束

⑩そこまで出来た子どもの自分を褒めたり勇気づけたら

誘導は終わりです。

 

 

終わった後は清々しく感じられる方が多いです晴れ

 

 

初回のカウンセリングではここまで行い

【思いぐせ】を根本から変える『心によく効くおまじないの文章』をお渡ししますOK

 

 

その文章を3週間ほど読んでいただくことで

【思いぐせ】が徐々に消えていきます。

 

 

そして、前回出てきたAさんの場合は

お姉ちゃんのものを勝手に使う以前に

お姉ちゃんとの約束を守る

お姉ちゃんにそれを使っても良いか聞く

ということをすれば良いわけです!

 

約束を破ってコソコソしているから

お姉ちゃんに怒られて

それが【思いぐせ】の始まりだったわけですので。

 

 

ですので、

コソコソせずに堂々と聞こう!

 

こんなことが子どもの自分が理解できると良いですね。

 

 

上記の⑨でそれを採用し

日常の中でも意識してその行動を取るようにします。

 

 

おまじないの文章と一緒に

『コソコソせず堂々とする』ようにしていけば

「ここぞという時にコソコソしたり

お仕事の発信も堂々とできずにいました。

また、コソコソしている人を見るとイライラしていた」

ことも解決出来ますキラキラ

 

 

子どもの時に作られた【思いぐせ】は

驚くほど大人になった今でも影響しています。

 

 

カウンセリングではこうして

【思いぐせ】を根本から変える作業をしていくのです。

 

 

カウンセラーが一連の流れを進めていきますが

一方的ではなく

クライアントさんの発する言葉を大事にお話を伺っていきますので

安心していらっしゃってくださいラブラブ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です