嗜好は思考

こんばんは。

小笠原です。

 

 

三が日が終わり、そろそろ仕事はじめの方も多いのでは竹。。

 

 

私は今日から仕事はじめです。

でも今月ある講演内容をまとめていたので

ひとりで悶々と過ごしていました(笑)

 

 

悶々とした仕事はじめですsei

 

 

 

なかなかお正月モードを切り替えるのが難しいですが

今年こそは「こんな自分になりたい!」という目標があるなら!

 

気持ちの切り替えを

食べ物に手伝ってもらうのはいかがでしょうきらきら!!

 

 

口にするものはやがて血となり肉となっていきます。

ということは、自分の一部になりますよね!

 

 

自分の一部とは思考も入ります。

 

 

日々の思考が自分をつくっていくのなら

食べ物からその思考を作るのもアリですよ発見

 

 

 

例えば、

気持ちを切り替えるために

いつもとはと違うものを食べてみるご飯

 

 

なかなか決断できなくて、鉄のような硬い意思を欲しいなら

堅焼きせんべいとかきゅうりを食す

 

 

ちょっとは甘えたい、甘えた方が良さそうな人は

(普段大きい決断ばかりしている人なんか)

チョコレートやクリームたっぷりのお菓子なんかをとってみる

 

 

いつも堅苦しい雰囲気があって

それを何とかしたいなら

プリンや綿菓子なんかを食べてみる

 

-------

 

こうして、食べ物のことに意識を向けてみると

なにか気づくきませんか発見

 

 

おそらく、いつも好んで食べているものと

普段の思考は似ている!ということ。

 

 

 

自分に甘い人は甘いものが好きで

サバサバしている人はさっぱりしたものが好き。

 

 

 

嗜好と思考は似ているんですねha-to

 

 

 

ですので、自分を変えたいなら

食べ物も一緒に変えるとより現実化しやすくなりますよ!

 

 

 

試してみてくださいねウインク

 

 

 

 

ふたば最新の講座一覧はこちらクリック

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です