子育ては自分育て

こんにちは。

フラクタル心理カウンセラー

小笠原真弓です。

 

 

先日長女の卒園式がありました。

まだまだ幼いと思っていましたが

この6年で弟が2人生まれて

 

それまで握りしめていた私の手を弟たちに譲り

どんどんひとりで進んでいくようになって

たくましくなった娘。

 

 

 

一時期、寂しい思いをさせていないかと

気になった時もありましたが

 

娘は娘で寂しい時は抱きついてきたり

「たまには抱っこして」と表現してくれるため

その都度、その言葉に応えることで

過度に心配することはやめました。

 

 

それよりも、フラクタル心理学的に見ると

娘が第1子に生まれた人生の意図(目的)

地位・名誉・お金キラキラ

 

 

 

それらを得られるためにどのように人生を歩んでいくか

その思考を身につけてもらう言葉かけだったり

行動を促す関わりを意識してきました。

 

 

例えば、

「一番になりたいんだったら

誰よりも早く行動しようね」

と声をかけたり

 

「お皿を洗ったら30円あげるよ。

それを3回したら好きなお菓子が買えるね」

とお手伝いをしてもらったり

 

欲しいものを意識させて

それを得るために何をしたら良いかということも明確に伝えました。

 

 

今では、自ら

「○○が欲しいから、

お手伝い(お皿洗いや洗濯物を畳む)する!」と交渉してきますグッ

 

 

こうやって考えると

娘成長してるなぁ照れ

 

 

子育ては自分育て

というように

私も落ち込むことより

常に前を向くことが出来るようになり

ずいぶん成長出来た?ように思います。

 

 

そんなことを考えてたら

卒園式で娘が入場する姿を見て号泣でしたえーん

 

 

大きくなったら看護師さんになりたいんだって!

がんばれよ~音譜

 

 

これからも大切な宝物の成長を

楽しみに見守っていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です