パニック障害を克服し、カウンセラー、講師の道へ

おはようございます、

フラクタル心理カウンセラー小笠原真弓です。

 

 

私はフラクタル心理学で

抑うつ、燃え尽き症候群、落ち込みやすい性格

わがまま、話を聞けない、悲劇のヒロイン

を脱することが出来て

大きく人生を変えることが出来ましたてへぺろ

 

 

これは私だけでなく

たくさんの方がフラクタル心理学で人生を大きく変えています。

 

 

婚活がうまくいかなかったが

出逢って3ヶ月で結婚

 

ご主人と離婚寸前だったが

今ではラブラブ

 

不妊治療の効果が得られていなかったが

すぐ妊娠

 

育児ノイローゼだったが

起業して仕事と子育ての両立に励む

 

専業主婦で引っ込み思案だったが

今では人気講師

 

など、問題と思われる現象が解決し

プラスに転じるだけでなく

能力を最大限(無限)に活かすことも出来る心理学ですha-to

 

私は最近

5時起きチームちというものに参加しているのですが

そこでご一緒している藤本ゆう子先生

大きく人生を変えられた方です。

 

 

元々パニック障害でいらっしゃいましたが

「変わりたい!」一心で電車を乗り継ぎ講座に通われたそう。

 

 

講座のお部屋の片隅には

藤本先生がいつ調子が悪くなっても良いように

布団が敷いてあったとかびっくり

 

 

そんな状況で家でも横になられることが

多かったそうですが

今では寝る間を惜しんで

カウンセラー、講師として活躍されながら

他にもお仕事をされています。

 

 

凄い変化ですよねおねがい

しかも半年で変わられたそうですよ。

 

 

以下藤本先生のプロフィールから

2001年に長女を出産してから、下の息子が幼稚園に
入園するまでの怒濤の6年間の育児が一段落した
2008年頃から不整脈、息苦しい、喉元の詰まる感じ
などの不定愁訴に悩まされるようになりました。その原因を探るべく病院を回りましたが
身体自体には特に悪いところが見つかりません
でした。
原因が不明なだけに症状に過敏になり、
しだいに不安、パニック障害という状態に。
自分の心が弱いからと自分を責め続け、
でもなんとか治りたい一心で、自分の心と向き合い
30代後半から、遅すぎる自分探しの旅が
始まりました。そんな私が2015年に出会い、もしかして
これで健康を取り戻せるかもしれない!
と、希望の光を見せてくれたのが、

フラクタル心理学でした。

2016年から本格的にフラクタル心理学を学び、
身体だけでなく、弱かった心も、苦しかった家族との関係も、
少しづつ改善していきました。

2017年の4月にフラクタル心理カウンセラー・講師の
資格を取るころには、身体の症状はほぼ消失。
離婚を考えるほどだった夫婦関係も、
今では唯一無二のパートナーとして
心から信頼できるようになり、
迷ってばかりだった育児も、
自分軸ができて、楽に育児ができるようになりました。

 

人って人生が充実してくると

寝なくても平気だし

寝るのが惜しくなるそう発見

 

 

人生ってこんなに変わるんですね。

 

 

フラクタル心理カウンセリングなら

可能です!

そんなカウンセリングはこちらクリック

 

 

パニック障害だけでなく

家族関係も改善された先生のブログです。

 

 

とても読みやすく分かりやすいですよきらきら!!​​​​​​​

コツコツと望む未来を育てる方法

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です