親の愛を受け取ると

おはようございます。

フラクタル心理カウンセラーの小笠原真弓です。

 

 

先日は午前、午後と

ワ―ママさんお二人のカウンセリングでした。

いつもフルタイムのお仕事や子育てをしながら

貴重な休日をお子さんをご主人に預けて

カウンセリングに来て下さいます。

 

 

とてもありがたいことです。

 

 

さて、みなさんのお悩みを突き詰めていくと

親御さんからの愛情を受け取れていないために

起きていることばかりです。

 

 

今回のお二人もお悩みを探っていくと

「親に理不尽に怒られた」

「親は私のことを構ってくれなかった」

という思いにたどり着きました。

 

 

顔は笑っていましたが

心では怒っていて。

 

 

「もう昔のことだから…」とおっしゃっていましたが

その思いを心の奥深くに押しこめているようでした。

 

 

偶然にも、お二人とも小学1、2年生の頃の記憶なので

かれこれ40年近くその思いを持っていたんですね。

 

 

「理不尽に怒られた」

「構ってもらえない」

 

 

この思いは解消されない限り

心の中に持ち続けます。

 

 

大人になった今でも影響して

ご家族、会社、友人関係の中でも

その思いに沿った出来事を創り始めます。

 

 

アドバイスや助言なのに

怒られるように感じて怖い

だから、その人とは距離を置いてしまったり

 

「私は構ってもらえなかった」から

今度は自分が親となって「子どもを構ってあげなくちゃ」となり

実際にお子さんに手を焼いていて困っていたり。

 

 

子どもの頃に感じた思いを

今もずーっと心に持ち続けたまま

そうした現実を創り続けているのです(;_;)

 

 

もちろんご本人は無意識です。

 

 

だから

「何でこんなことが起きるのだろう・・」

とお悩みなんですね。

 

 

フラクタル心理学では

親には必ず愛がある

という視点でカウンセリングをしていきます。

 

 

今回も

理不尽に怒られた

構ってもらえなかった

と思った場面を深堀していたら・・・

 

 

はい、親御さんの愛を発見!

 

 

お2人たりとも

子どもの頃見えていなかった親御さんの愛に

気づかれました(*´▽`*)

 

自分がお母さんと約束をする時に適当に返事をして

守らなかっただけ・・・

 

自分は約束したことも約束を守らなかったことも

なかったことに(忘れ去って)していました。

 

お母さんはそんな自分の将来を心配して、本気で叱ってくれていた

 

理不尽には怒られていませんね^^;

 

 

 

一方、「構ってもらえなかった」と思っていた方は

専業主婦だったお母さんとはどこへ行くのも一緒で

寂しい思いもほとんどなかったそう。

 

でも、妹の産後で一緒にいられなかった数時間を

「構ってもらえなかった」と思っていただけ・・・

 

ということが判明しました。

 

 

するとお二人とも一気に

「何だ~!」と顔がほころびました^^

 

 

子どもの頃には見えていなかった部分が今やっと見えて

自分が勘違いしていたことが分かったんですね。

 

 

親は自分のためにしっかり怒ってくれていた

 

親はしっかり向き合ってくれていた

 

と親御さんの愛情が分かったのです。

 

 

ここは、カウンセリングでないと

なかなかたどり着けない境地。

 

 

それほど私たちは

子どもの頃の自分が感じた思いを「正しい」と思って

その思いを握りしめたまま大人になっていくんですね。

 

 

そして、そう思っていることさえ

忘れてしまうのです。

 

 

それがまだ心の中にあって

人生の足かせになるとは知らずに。

 

 

大人になった今

視野も広く視点も増えるので

親御さんの愛情に気づけるようになっていますよ。

 

 

親は自分のためにしっかり怒ってくれていた

 

親はしっかり向き合ってくれていた

 

 

親御さんからの愛情を受け取ると

一気に心が満たされます。

 

 

心が満たされると

前を向けるようになります。

 

 

お二人も今後の目標を立てたり

仕事に意欲が増していらっしゃいました!

 

 

視点が過去から未来へと

移行するのですね。

 

 

あなたの今のお悩みは

子どもの頃に感じた思いの延長で創られているのかもしれません。

 

 

 

気になる方は

カウンセリングへいらっしゃってくださいね。

 

 

ふたば最新の講座一覧はこちらクリック

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です